出力形式が限られない

案内

Googleアナリティクスを活用すると、ホームページがどのようなキーワードで検索されたかが分かります。検索エンジンを活用して情報を集めることが多くなったからこそ、どのようなキーワードでホームページにたどり着いたのか把握しておくことが大切です。Googleアナリティクスを活用するからには、売上につなげたいという企業も少なくありません。このような時はコンバーションを設定しておくのも一つの方法です。コンバーションは、ホームページ上で特定の条件を満たした際に成果として記録されるものです。ホームページのアクセス数や、問い合わせページへのアクセスが増えたなど条件を満たした時に記録されます。コンバーションを設定する時はホームページを最終的にどのような結果に結び付けたいのか決めておくことや目標となる数値を決めて設定することが大切です。

Googleアナリティクスは、あらゆる出力形式でデータを出力することが可能です。企業で使われることも多いアプリケーションのファイル形式でもエクスポートできることから、Googleアナリティクスの汎用性は高いといわれています。あらゆるファイル形式でエクスポートできるということは、そのファイルを活用できるアプリケーションを活用して、Googleアナリティクスの情報をより細かく、分析や集計することも可能です。レポートの種類によっては、あるファイル形式に対応しないこともあるため気をつけておくといいでしょう。